350人の子供たち・市民による「旧閑谷学校」
プロジェクションマッピング・アートプロジェクト

本プロジェクトは、閑谷学校の歴史を振り返り、子供たちや市民とのコラボで、未来へとつなぐアートプロジェクトです。
“歴史•現在•未来”と3つのパートで構成します。

“現在”のパートでは、

旧閑谷学校の魅力のひとつである楷の木が、1枚の葉から大木へと成長する過程をアニメーションで表現します。

楷の木の葉1枚1枚のイメージ(イラスト作品)を皆様から募集いたします。

 “未来”のパートでは、「未来へのメッセージ」を募集します。


 また、「楷の木の葉のイメージ」、「未来へのメッセージ」とも、
当日の来場者からその場でスマートフォンなどを活用し、リアルタイムで映像に取り込み、あらかじめ作りこんだ映像とミックスして

「一期一会となるプロジェクションマッピング」

を展開します。